収益物件でインカムゲインを狙う

他人に物件を貸すことにより、一定の家賃収入が得られる場合、この物件収益物件といいます。家賃という収益を生む物件です。
また、収益物件を貸し出して家賃収入を得ることをインカムゲイン、売却し売却益を得ることをキャピタルゲインといいますが、現在の不動産状況ではキャピタルゲインを得ることは非常に難しくなっています。そこで狙われるのがインカムゲインです。

インカムゲインを狙った収益物件の中には、空き室物件とオーナーチェンジ物件があります。これは、まだ誰も住んでいないか、既に入居者がいるかどうかの違いです。
あらかじめ入居者がいるオーナーチェンジ物件であれば、購入した時点で家賃収入を得ることができるため、空き室物件よりメリットが大きいといえます。

入居者には2種類あります。個人の入居者と法人の入居者です。
個人の入居物件には住まいとして利用されているもの、即ち賃貸マンションやアパートや戸建などが相当します。
法人の入居物件にはオフィスや店舗、物流倉庫など職場として利用されているものが相当します。

最も一般的な収益物件は個人の住宅系ですが、様々な店舗として利用されるテナント系の収益物件も不動産投資には欠かせない物件です。しかし、テナント系の収益は景気に左右されるため、時勢によって空き室の増減があることは否めません。
インカムゲインを狙うには、こういった収益物件の持つ特性を考えた上で選択しなければならないでしょう。